本文へスキップ

人と地球のハーモニー・・・快適空間をプロデュースする

株式会社 大村工務店   

建物の竣工までの流れ

●ハーモニーライフに仕事のご依頼をお考えの方へ

住宅や店舗などの新築やリフォーム、また、オーダーキッチンや薪ストーブの設置を検討されている方の中には「思いたってから竣工(完成)するまでの具体的な仕事の流れがよく解らない・・・」という方も多いと思います。

ハーモニーライフでは次のような流れを基本に仕事を進めています

住宅、店舗等の新築・リフォームの場合

@お問い合わせ

ハーモニーライフにご興味をお持ちの方や、仕事のご依頼を検討されている方はメール、電話等でお気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談、ご依頼の内容を確認の上事前相談の日程を調整いたします。


A事前相談

お客様の住まいや店舗に対する考え方やご依頼内容(企画デザイン・設計・施工ec)、ご予算などをお聞きしたり、ハーモニーライフの建築に対する考え方をお伝えします。

また、ご希望に応じてオープンハウスの空間を体感していただけます。


Bヒアリング

お客様がどんな暮らし方や空間を望んでおられるのか、建築予定地の環境や建築条件などをお聞きします。また、建築雑誌や写真などを使ってイメージの共有化と明確化を図ります。さらに店舗等の場合はイメージに近い店に一緒に視察に行くこともあります。

Cコンセプトシート作成

暮らし方のコンセプト、空間デザインのコンセプトを文章にした「コンセプトシート」を作成します。また、この段階で今後のスケジュールや設計、施工に対する概算コストを提示させていただき資金に関する打合せも行います。尚、ここまでの費用はいただきません。

Dラフプラン作成・提示

これまでの打合せを基に、法的な建築条件等を調査し、ラフプランを作成し提示します。スケッチやイメージボードを用いて何度かやり取りを繰り返しながらブラッシュアップしていきます。この段階で現地調査等の費用が発生する場合があります。(実費のみ)

E設計契約

最終的なラフプラン、予算計画、スケジュール等納得いただければ、(株)大村工務店一級建築士事務所と設計契約(設計契約・監理等委託業務契約)を締結します。(工事請負契約ではありません

F基本設計

敷地の測量や地盤調査、お手持ちの家具リストの作成等を行い、平面プラン、立面プラン、構造計画、デザイン等を決めていきます。この段階で模型やパースを作成し、より具体的な打合せを繰り返します。

G実施設計

基本設計を基に平面図・立断面図・仕様書・各詳細図・矩形図・展開図・建具表・各設備図・構造図等の図面作成を行い、詳細な工事積算ができるようにします。又、確認申請の準備業務も同時に進めていきます。

H積算・工事見積

当、(株)大村工務店に施工を依頼される場合は、当社にて積算・工事見積を行います。(他社での施工を希望される場合はご指定の業者に積算・見積依頼をし、見積内容を当社の積算内容と比較検討します。)

Iコストコントロール

積算・見積をもとに予算と隔離している場合は設計変更等により調整を行いコストコントールを行います。このときに当初のコンセプトが崩れないようにコンセプトシートを基軸に検討調整を重ねていきます。

J工事請負契約

見積・総予算等の調整が出来ましたら工事請負契約を締結します。当社以外の業者と契約される場合は設計監理者として立ち会います。また、遠隔地など当社での直接施工が困難な場合は、信頼の出来る現地施工業者の紹介やJVによる施工なども検討します。

K着工・工事監理

工事が始まりましたら、設計どおりに工事が進むように工事監理を行います。また、施工詳細図を作成(他者の施工の場合は施工業者が作成し承認)を行います。

工事中は現場打合せ、専門業者との打合せ等々の他建築基準法上の検査立会等も行います。


L竣工・引渡し

建築工事完了後は各種検査、手直し指示及び確認等を行い完成引渡しをいたします。

また、工事中に発生する変更・追加増減工事は竣工時に確認し精算いたします。


Mインテリアコーディネイト及び造園計画

造園工事や家具のコーディネイト(購入・製作)が工事請負に含まれている場合は、建築竣工後に納品いたします。また、請負に含まれていない場合も造園計画やインテリアコーディネイターによる家具購入アドバイスもおこなっています。

オーダーキッチンや薪ストーブ設置の場合

@お問い合わせ

リフォームでないけれど、オーダーキッチンや薪ストーブの設置を検討されている方は、お気軽にお問い合わせ下さい。他社で建築されている方でも、業者の方でも喜んで対応させていただきます。

Aご相談・打合せ・設計

オーダーキッチンや薪ストーブは専門的な知識が必要です。また、規格商品ではないため、納品設置するまでに、数回の打合せと設計が必要です。

設計が決定してから見積をおこない、契約後部品発注をし、納品設置となります。。


B納品・設置

部材が用意できましたら、現場へ納品し組立・設置工事をおこないます。特に薪ストーブは煙突の施工技術で安全性・性能が大きく変わりますので充分な施工経験が必要です。

伝統建築物の改修や文化財等の保全修復の場合

@お問い合わせ

古い伝統町家を改修活用するには、伝統工法に長けた知識と技術が必要です。また、伝統工法を知らない業者により、国の宝でもある多くの伝統建築物が台無しにされつつあります。

大切な町の財産を守る意味からもこうした建築物に関してはとりあえずご相談下さい。


Aご相談・打合せ

伝統建築物の場合、劣化状況や耐震性と適切な対策が重要です。伝統木造技術は在来木造技術とは異なります。また、修復できる技術を持った業者も多くはありません。

物件の詳細調査を含め十分な検討を行った上で、設計方針と業務の進め方を決めます。


B文化財・社寺建築の場合

対象物件が文化財や社寺仏閣の場合は、工事の種別、規模等によっては必要に応じて伝統建築診断士による劣化診断をおこなうこともあります。